脇脱毛のメリット、デメリットを比べてみよう

他の部位はそれほど気にならなくても、脇は黒くて太い毛が生える分、自己処理をしている女性は多いですね。

脇脱毛をすればムダ毛がなくなることで面倒な自己処理も不要になりますが、脇脱毛にもデメリットはあるのでしょうか。

脱毛をしてしまうと毛は生えてこなくなってしまいますので、デメリットも確認しておく必要があります。ここでは脇脱毛におけるデメリットやメリットなどをご紹介します。

 

脇脱毛のデメリットは?

 脇を刺激から守れない

ムダ毛というのはもともと皮膚を外的刺激から守るために生えているものです。その毛がなくなるということは、少なからずデメリットも存在しています。

脇というのは部位的には摩擦刺激が多く感じられる部位です。毛があることで脇を刺激から守っていますが、毛がなくなると刺激から守るものはありません。

日頃からしっかりスキンケアをしていれば良いですが、お肌のお手入れを怠ってしまえば摩擦から肌の黒ずみや老人性イボができる原因にもなってしまいます。

ですから脇脱毛が完了したら終りというわけではなく、肌をきれいに保つためにはスキンケアは欠かせません。入浴後には顔のスキンケアと合わせて脇のケアもしておく必要があります。

 

 脇汗が気になる

脇は一年中汗をよくかく部位ですが、わき毛自体は汗を吸収して保持する役割があります。

それまで脇汗をほとんど気にしなかったという人も、脱毛後にワキ毛がなくなって汗がだらだらと垂れて不快に感じることもあります。夏場はわき汗パットや汗を抑えるクリームなどを使用することが必須ですね。

 

 黒ずみが気になる

またいざ脇脱毛をしてみたものの、ムダ毛がなくなったあとに今度は肌の黒ずみにびっくりすることがあります。今までは毛で隠れて分からなかったけれど、黒ずんだ肌では結局あまりキレイとは言えませんね。

デメリットを考えると脇脱毛はしないほうが良いようにも感じます。ですが脇脱毛から得られるメリットは非常に多いのも事実なのです。

 

脇脱毛のメリット

 脇がキレイになる!

自己処理では処理跡の肌がぶつぶつ荒れたり、生えてきた毛が黒くボツボツと目立つこともありますので、自己処理をしたとしてもあまりキレイな肌とは言い難いです。ノースリーブを着たとしても自己処理だけでは堂々と両手を挙げることはできません。

ですが脇脱毛をしてしまえば、毛根からなくなりますので黒いボツボツはなくなりますし、自己処理で出来る炎症やぶつぶつ荒れた肌も改善します。脱毛を続けるうちに少しずつ脇がキレイになってくるのも分かるのではないでしょうか。

脇の黒ずみ自体は、自己処理を止めることで時間と共に改善していくこともあります。その黒ずみの原因が自己処理ということが考えられるからです。

ただ長年に渡って繰り返し剃り続けていた場合、そう簡単には黒ずみは治りません。この場合には美白ケアや皮膚科でレーザー治療などをすれば脇をきれいにすることもできます。

 

 ファッションが楽しめる

やはり一番のメリットは、わき毛を気にせずに好きなファッションを楽しめることではないでしょうか。

わき毛がなくなることでどんどん自分の美意識も高まりますし、好きなファッションを楽しめることで自分に自信を持つこともできます。最初は脇だけのつもりだった人も、脇脱毛をきっかけに他の部位のケアも始めるようになります。

 

 手間やコストが省ける

脇脱毛自体は、それ程お金を掛けずに脱毛することができます。脱毛が完了してしまえばカミソリで剃る手間もコストも省けます。

脇の毛は黒く太いので効果を感じられるのも早いです。サロンでも1年ほど通えばかなり薄くなっているのが分かりますね。ただ最後の数本がなかなか脱毛完了しないため、毛深い人なら脇脱毛は通い放題のコースがオススメです。

サロンによっては脇脱毛はキャンペーン価格で用意していることもありますので、学生さんのお小遣い程度でも脇だけなら十分に脱毛することができます。

デメリットもあるのは事実ですが、わき毛がなくなることで得られるメリットが多いですので、脇脱毛は「脱毛をしてみたい人」がまずチャレンジするにはオススメな部位です。

脇脱毛は自己処理よりも、脱毛サロンで施術する方がデメリットを無くしてキレイな脇を手に入れることができます。
ぜひ、脱毛サロンを利用して美しい脇になりましょう。脇脱毛するなら脱毛サロンやクリニックがおすすめ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ