初心者必見!脱毛サロンで注意すべきポイント

脱毛サロンをこれから利用する人が、事前に知っておくべき利用上の注意点がいくつかあります。

実際に脱毛サロンのスタッフさんに聞くと、意外に残念にも脱毛NGな方がいらっしゃるようです。

来店されても脱毛できないパターンは大きく分けて2つ。
それが、日焼けされている方、そして妊婦中の方です。また生理中の方もVIOラインなど部位によっては当日の施術を断われる可能性があります。

特に、夏になると日焼けされている方が多く来店されるようなので、一度黒くなった日焼け肌を落としてから施術する必要があります。

その他にも脱毛サロンに通う準備として、ムダ毛の処理を行わなければならないサロンもあります。脱毛サロンによっては、施術前にシェービングを行ってくれるお店もあります。

事前にムダ毛処理をする必要があるのかは、事前にカウンセリングで聞くことが大切。とはいっても、カウンセリングの時点で、事前のムダ毛処理の有無や、注意点するポイントなどは丁寧に教えてくれるでしょう。

実際に脱毛サロン通う前に、注意点などを事前に知っておいくとスムーズに施術できるので、確認しておくことが賢明です。

 

脱毛を受ける場合は日焼けは厳禁

脱毛サロンで行われている施術は主に、光脱毛となります。
光脱毛は脱毛をしたい箇所に特殊な器具から発せられる光を毛穴に照射することでムダ毛の発育を抑制する仕組みがありますが、構造上黒い色素成分に反応するように作られています。

それは、ムダ毛の色が黒であることにも関係がありますが、ここで重要なことは日焼けをすることで肌全体が黒い色素に覆われてしまう恐れがあるため、適切な施術を行えない場合が出てくるのです。

夏場は特に日焼けをしやすい時期になりますので、ワキ脱毛やVラインの脱毛を考えている場合は、日焼けに注意をしておきましょう。

 

妊娠中、生理前は利用できない

光脱毛を行う際、妊娠中の方や生理前の方は、利用することができないというルールがあります。

それは、光脱毛により肌にストレスがかかることで陣痛を引き起こしたり急な発作を引き起こす恐れがあると考えられているため、そのような緊急時対応能力を備えていないために、利用が制限されています。

どうしても施術を受けたいという場合は、万全な健康状態で、妊娠も生理中もない健康状態で受けるようにしましょう。

また、妊婦さんの場合、施術を受けるときは部位にもよりますが、仰向けになったりうつぶせになる必要があるのでそのような姿勢は非常に辛い場合があります。

施術が終わったらすぐに帰れるわけではなく施術後のお肌のクールダウンなどのアフターケアをする必要があるので思いのほか30分ほどの長時間同じ姿勢を維持しなければいけないという事情もあるので、妊婦さんなど体に負担のかかる方はご利用をご遠慮いただく場合があります。

 

ムダ毛はある程度自己処理をしておくこと

光脱毛を受ける場合、施術を希望する部位のムダ毛が長いときは事前にある程度の長さになるまで自己処理をしてくるように促される場合があります。

万が一施術直前に指摘をされた場合脱毛サロンで処理をしてくれますが、別料金が発生する場合があるので無駄な出費を抑えるためにも自己判断の範囲で処理をしておくことがお勧めです。

脱毛サロンによって施術前の自己処理が必要があるのか違ってきますので、気になる方はカウンセリングなどで事前に確認しましょう。

 

脱毛サロンで注意すべきポイントまとめ

いかがでしたか。これらの注意事項は全て事前に行われるカウンセリングで聞く内容と同じなりますが、聞いているうちは覚えていてもいざ利用を開始すると忘れてしまいがちで、うっかり施術を断られたりするケースも発生しています。

断られたとしても一回分の施術を行ったとカウントされる場合もありますので、ぜひ注意点に気をつけながら利用をしていただければと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ