VIO脱毛でデリケートゾーンを清潔に

脱毛といえば、脇のムダ毛処理が主流ですが、最近話題になっている脱毛部位がVIOライン

外国人の女性においては、デリケートゾーンを綺麗に脱毛している人が多く、最近では日本人もデリケートゾーンを綺麗に処理する事を念頭におく人が多くなってきました。

それに伴って、脱毛サロンにおいてもVIO脱毛が可能となるサロンも増えてきています。しかし、具体的にVIOラインとは、どの箇所を指すのか分からない人も多いようです。

VIOとは、どの部分なのか?痛みやVIOの形について解説します。

 

Vライン

VIO脱毛のVラインはビキニラインのことであり、ショーツからはみ出してしまうムダ毛を処理します。
水着を着たときにもムダ毛が出ているとかなり恥ずかしい思いをするため、ビキニラインよりも数センチ奥までムダ毛を処理します。

Vラインの範囲はショーツで隠す三角形の部分であり、おへそまでつながる部分はVIO脱毛のプランではなく、別の部位として設定しているサロンもあるため、Vライン脱毛で何処までの範囲がカバーできるのか事前に確認しておくべきです。

 

Iライン

そしてIラインは陰部の両サイドの事であり、この部分を処理しておく事で生理の時に嫌な思いをすることが減ります。

Iラインは自分でカミソリで処理したり、脱毛ワックスにて処理する際にもやりにくい部位であり、無理をすると肌にダメージが残り黒ずみになりやすいので注意が必要です。

特に粘膜の周辺は皮も薄くて痛みを感じやすい部分となる為、様々な部位の脱毛プランの中でも、最も痛みを感じる部分となります。

 

Oライン

Oラインは肛門周りを意味しますが、この部分は普段から自分で見ることがない部分であるため、ムダ毛の影響がどのくらいあるのか把握できていないことも多くあります。

西洋人に比べて日本人はOラインのムダ毛は少ない傾向にありますが、Iラインまでを綺麗に処理して、Oラインを残してしまうと見た目にもアンバランスであり、清潔さも損なわれてしまいます。

 

ハイジーナ脱毛とは?Vラインの形が選べる?

VIO脱毛の事をハイジニーナ脱毛と言うことがありますが、ハイジニーナとはVラインの脱毛をする際に、見える毛を全てツルツルの状態に取り除いてしまうことです。

全てない方が生理の際にも清潔さを保つことができるとして欧米では人気となっていますが、日本人の場合はツルツルになった状態を女性に見られるのも恥ずかしい感覚があるため、少しばかり残しておくスタイルが基本となります。

VIO脱毛を専門にしている脱毛サロンの場合は、Vラインの形を様々な形状で表現することが出来ます。
長方形や逆三角形、またはハート型などにすることも可能であり、様々な要望に応えて数十種類の形状が選べるサロンもあります。

Vラインの形一覧

人気の形は、自然に見えるナチュラルや、トライアングル(三角形)のよう。スクエアや、ビキニから毛がはみ出ないIラインも人気があります。

見た目の綺麗さ、そして清潔な状態を維持できることや、異性からの好感度も高まることからVIO脱毛を依頼する人は増えており、安い価格で提供するサロンも多くなってきています。

こらから脇脱毛を始めようとお考えなら、VIO脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ